令和のコンビニ

令和のコンビニ 毎朝近くのコンビニにコーヒーを買いに行き、コンビニを定点観測している。最近気づいたのは年寄りが多いことだ。 昨日もタクシーを乗りつけて買い物をしている男性の老人を見た。たまたま帰りの方向が一緒であったので見ていると、近くの近…

現代貨幣論

最近安倍内閣や日銀にとって嬉しい貨幣理論がニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授によって発表された。「現代貨幣理論」(MMT)である。 少し引用したい。 「自国通貨を発行する政府は高インフレの懸念がないかぎり財政赤字を心配する必要はな…

年俸

今年の最低賃金が大幅に引き上げられ、大阪での最低賃金が946円になったと報じられた。米中貿易摩擦などで景気が後退局面での引き上げである。最大の要因は「人手不足」である。 しかし日本の賃金水準は世界第18位で429万円、1位はスイスの1073万円である…

三万年の絆

3万年の絆 犬と人間の絆は3万年前に遡ると言われている。最初の出会いは群れから離れた犬が飢えて人間に近づき食料のおこぼれをもらった。人間も番犬としての能力、狩猟犬としての能力に気づきwin-winの関係が出来上がった。時代を経るとともにその絆が徐々…

高齢者の免許証

高齢者の免許返上 最近高齢者の交通事故がテレビや新聞で報道されることが多い。しかも通学途上の児童を巻き込み、悲惨なことになっている例も多い。関連して高齢者の運転免許の返納を促す記事も多くなっている。 なぜ高齢者が運転を続けるのか。高齢になれ…

天使の分け前

サントリーのウヰスキー「山崎」が品薄であるといわれて久しい。高校時代の同窓会で、友人がイギリス駐在の息子から「サントリーの『山崎』を出来るだけ集めて送ってくれ。得意先への贈答に使う」とメールが届き、方々に手配していた。ネットでは最高2万円…

スーパーマーケットの原点

産経新聞で「ミニスーパー」の特集を読み、大阪都心の大型スーパーの苦戦を改めて知った。街の商店街をシャッター通りにした「大型スーパー」も今やアマゾンや楽天の通販に消費者を奪われ苦戦している。この傾向はアメリカのウォルマートやフランスのカルフ…

縄文人

縄文人 国立科学博物館が「縄文人の全ゲノム(遺伝情報)を解析し、縄文人が約三万八千前〜一万八千年前に大陸から集団でわかれたとみられることが分かった」と発表した。発見場所は礼文島・船泊遺跡である。 縄文人は1万六千年前から三千年前まで日本列島…

万葉集に学ぶ

新元号「令和」の出典が万葉集であると知り、中西進氏の「古代史で楽しむ万葉集」を読んだ。そこに天皇制確立の歴史に焦点を置いて書かれていた箇所がある。日本の歴史を学んだ人にとっては当然知っていることであると思われるが、私にとっては新鮮であった…

平成から令和へ

平成から令和へ 新元号の発表の一瞬、国民の多くの人がテレビに吸い込まれていたと思う。やはり歴史的一瞬であった。菅官房長官が「令和」の額を掲げた時、私は一瞬戸惑った。それは「令」の文字の硬さと「和」の柔らかさが同時にあることへの違和感であった…

ベイシックインカム

ベーシックインカム 2045年人工知能(AI)が人間の能力を超える時点をシンギュラリティという。その時点で大部分の人が失業すると予測される。その対策として「ベーシックインカム」(政府がすべての人に必要な最低限の生活を保障する金額を無条件に支給…

LINEの価値は300万円

無料でメッセージや電話のできる「ライン」は日本で今7900万人(18年末)が利用しているといわれている。日経新聞の記事「LINEの価値は300万円?」を読んだ。東大の学生が卒業論文を書くため、ラインを利用している約1200人に「値段のないサー…

21世紀の職業倫理

日経新聞に「20世紀にはなかった独占が広がる」の記事があった。資本主義は変貌し企業の考え方も変わりつつある。昨年末から日産のゴーンが会社の財産を私物化している事態をしり、思うところがあり書く。 まず日経新聞記事の両者の対比表を写す。 従来型…

統計不信

政府の56ある基幹統計統計のうち23統計で不備があったと今国会で野党が政府を追及している。2009年に発覚したギリシャの財政赤字に関する経済統計の虚偽報告が欧州債務危機のきっかけとなったこともあり経済統計の信用を失うことの恐ろしさを新聞各…

一神教と霊性

歴史学者ハラリ氏は著書「サピエンス全史」「ホモ・デウス」にホモ・サピエンスがネアンデルタール人を駆逐できた最大の要因は「虚構(フィクション)」を信じたことにあると書かれている。 共通の虚構(フィクション)として、欧米では一神教の「ユダヤ教」…

米中貿易戦争

最近話題の中国のファーウエイのスマホにライカのカメラが搭載されたと聞き、カメラ好きの私としては興味を持たざるを得ない。 ところがカナダでファーウエイの創業者の娘である副社長が逮捕され、またポーランドでファーウエイの社員がスパイ容疑で逮捕され…

電子マネー元年

電子マネー元年 正月休みでアメリカ留学中の孫がお土産を持ってきた。シアトルの「アマゾン・ゴー」(無人店舗)でしか販売していない黒地に黄色と白のドッド柄で中央にお馴染みのアマゾンのロゴが入った魔法瓶である。 孫娘がソフトバンクとヤフーが立ち上…

ホモ・サピエンス

人類の先祖が生まれたのは200万年前である。現代人の先祖サピエンスがネアンデルタール人をしのぎ、その支配を確立したのは5万年前と言われる。北アフリカに住んでいたサピエンスが欧州に勢力を持っていたネアンデルタール人に競り勝った。 ネアンデルタ…

万引きとひったくり

大阪が「住みやすい街」世界第3位になった記事は書いた。その延長線でいろんなランキングを調べた。そして「警察庁犯罪統計資料」に、大阪は殺人日本一位、ひったくり日本一位、スリ日本二位、そしてびっくりしたのか「万引き」が日本第四七位である。この…

夢をみる

昔から眠りが浅いのかよく夢をみる。しかもその夢を朝目が覚めてからもはっきり思い出す。いろいろな場面、いろいろな登場人物、いろいろな時代の夢をみる。楽しみである。二つ月前には昭和天皇と食事した。昔であれば「不敬罪」で逮捕投獄されていただろう…

こよみ

11月に入って山々の紅葉も色づき、すこし秋らしい気配を感じる。しかし関西地方、特に京都の紅葉の最盛期は今月末まで待たねばならない。写真撮影には紅葉は絶好の被写体である。写真が趣味の私は特に季節の移り変わりに敏感になっている。 旧暦では二十四…

2025年大阪万博

大阪万博に最大の追い風の記事が8月号の英国エコノミストに掲載され、大阪人として驚いた。 英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」がこのほど発表した「2018年世界で最も住みやすい都市ランキング」で、オースト…

スマホ雑感

スマホ雑感 電車に乗ると向かいに座っている6人の内5人はスマホを覗いている。メールを確認し返事を書いている人、その日のニュースを読んでいる人、ゲームをしている人と色々だが、何か異常な感じがする。スマホを忘れたらパニックになる人も多いと思う。 …

ボット

「ボット」ってなに。わたしも初めて聞く言葉であった。「ツイッター の機能を使って作られた、機械による自動発言システム。語源はロボットから来ている。特定の時間に自動ツイートするbot、ユーザーのbot 宛の発言にリプライするbot、特定のキーワードに反…

デジタル・ポピュリズム

この二、三年、大方の予想に反した投票結果となったのはアメリカの大統領選挙、イギリスのEU離脱である。両者は共に僅差であった。そこにロシアの介入があったと報じられている。 今のフェイスブックやツイッターを利用した世論操作のテクノロジーは我々の想…

メルカリとライン

株式会社メルカリは、東京都港区に本社を置く日本の企業。フリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営している。2013年に山田進太郎が株式会社コウゾウを設立、2016年に初めて黒字化した。(ウイキペディアより)今年6月に創業5年目で上場、株価は4000…

昨年のアメリカ大統領選挙から「フェイクニュース」という言葉がよく使われるようになった。「フェイクニュース」とは「嘘のニュース」である。インターネットが使われるようになってフェイクニュースが一瞬にして世界を駆け巡る。 「ナショナル ジオグラフ…

火焔型土器を聖火台に

縄文時代は一万年続いた平和な時代であったという。 世界史上一番長く平和が続いたのは江戸時代の二百五十年と言われているが、縄文時代の平和は一万年続いている。ただ文字がなかったので戦争があったかどうかの記録はない。 しかし発掘される遺跡の墓地か…

半端ない

傘寿を過ぎた人から「ググる」って知っているかと聞かれ驚いた。調べ物するのに「グーグル」で検索することをいうらしい。新語かな?。会話をしていて、お互い「え」と思ったことがあれば、すぐにスマホで調べることが多い。そして情報を確認しながら会話が…

初夏の風

初夏の風 一昨年から大岡信氏の「折々のうた」を書き写している。原稿用紙に鉛筆で書く。以前は朝日新聞の「天声人語」であったが、年とともに「詩歌」を書き写すほうが心穏やかな時間を過ごせる。 大岡氏の「折々のうた」は朝日新聞に1979年から掲載が…