2017.6.20紫陽花

2017.6.20 紫陽花

 梅雨の季節は紫陽花の花が美しい。近畿各地に紫陽花で有名な場所がたくさんあるが、あまりにも株数が多すぎて落ち着かない。私は山科の勧修寺の紫陽花と苔、そして石仏の写真を撮るのが好きである。苔庭の各所に配置された紫陽花に心落ち着く。

 紫陽花で有名な俳句を調べた。松尾芭蕉の「紫陽草や帷子時の薄浅黄」は衣替えで夏服に着替える梅雨入りを感じる。

正岡子規の「紫陽花やきのふの誠けふの嘘」は紫陽花の薄緑から薄紫そして赤へと花の色を変えていく「七変化」が無節操に通じることを踏まえて詠まれている。しかし私はその変化していく花に魅力を感じる。

 老境に入ると人生を振り返ることが多くなる。80年の歳月は一色ではない。青春時代はまさしく青二才の青、壮年期は仕事に情熱を注いだ赤、そして今は何色だろうか。

 最近、お茶の水女子大学名誉教授外山滋比古氏の「思考の整理学」(1983年初版)が話題になっている。その冒頭に飛躍するアイディアは、「一晩寝かせたカレーには味に深みが出るように、考え事は一晩寝かすことが必要である」と書かれている。確かに夜、考えに考えて迷路に入ったようなことも、一晩寝て朝起きると啓示を受けたように解決する経験を持たれた方も多いと思う。

 人間も歳をとることによってわかることが多い。いろんなことが頭脳に積み重なり、歳月を経て熟成されて事象がわかってくる。人類は文明の伝承で叡智を得てきた。時には後戻りすることもあるが、人間の一生の何千倍もの知識の積み重ねで確実に進化してきたと思う。

 紫陽花の色の変化も「移り気 不誠実」とは考えないで、変化することによって味わいが増すと考え、梅雨にさく紫陽花の移りゆく色を楽しみたい。2017