安全な車 ボルボから軽自動車へ

ボルボから軽自動車へ

 昔スエーデンのボルボは安全な車の代名詞であった。世界で初めてシートベルトを装置した。またスエーデン鋼の強度も有名であった。世界一安全な車として世界中にその愛好者がいた。20世紀後半のアメリカ映画では登場人物をボルボに乗せることで少しインテリの役柄を強調した。

 昔私もボルボを三世代5回乗り換えた記憶がある。最初に買ったのは「アマゾン」と言われた戦車みたいな頑丈な車であった。その時のボルボを選んだ一番の理由は「頑丈で安全」であった。しかし最後はその電気系統の弱さに根をあげて日本車に切り替えた。

 最近まで自動車の安全といえば「ドライバーの安全」であった。しかし今は車の安全といえば「歩行者の安全」である。力点が変わった。

 この4、5年高齢者の操作ミスの記事が増えた。ブレーキペダルとアクセルペダルを踏み違えた、シフトを前進とバックと間違えたのが一番多く、人身事故に繋がったケースが多い。

 今ドライバーが一番心配しているのは自分が加害者になる人身事故である。人を感知すれば即停車するセンサーを装備した車を求めている。極論を言えば人体より弱い車が理想的である。最近、前のバンバーのエアーバックを装置した車が発売された。これも歩行者を守る考え方をコンセプトにした時代の流れを読み取ったものであろう。

 私も80歳になり運転免許を返還しなければならない歳になった。しかし60年車生活していると、車のない生活に踏み切るには非常な決心がいる。せめてオリンピックの年まで運転をしたい。この願いを叶えてくれるのは、今各メーカーがしのぎを削って開発競争をしている自動運転への技術である。

 今の車は、人を感知すれば停車する、誤発進をしない、車線をはみ出せば警告ブザーがなる、先行車との距離を保ちながら自動走行するが、人を感知して急停止する技術は自分で試すことができない。メーカーの説明を信用するしかない。

 今私の望む車は頑丈な車より潰れやすい軽自動車、そして誤操作を防ぐ装置がついており、人を感知し自動停車できる車である。「ドライバーの安全より歩行者の安全」を重視した車で2020年まで運転したい。