日本が中国 日本省になる日

中国 日本省になる日

 中国のGDPが日本の三倍になったと報道された。日本が2011年に三位に転落してからわずか6年である。まさか三倍にもなっているとは思いもしなかった。

 習近平が国家首席になってから、中国は急角度で発展し始めた。そしてその経済力で一帯一路の世界制覇の道を歩みだした。南沙諸島に軍事基地を作り、スリランカに中国専用の港を作る。東欧諸国に経済援助や新幹線を作り中国圏に取り込もうとしている。アフリカには20世紀末から確固たる地盤を作り上げている。

 ここまで書いてジンギスカンを思い出した。ジンギスカンも西はハンガリー、東は朝鮮まで版図を広げた。習近平国家主席の次なる狙いは朝鮮・日本であろう。習近平国家主席にとって幸いなことは、トランプ大統領の掲げる「アメリカ・ファースト」である。アメリカの外交の基本は19世紀から「モンロー主義」であると思う。しかしそのモンロー主義が国家間に空白を作り、第一次世界大戦第二次世界大戦を引き起こした。歴史の示すところである。

 そのような認識のもとに今回の北朝鮮問題を考えると、アメリカは朝鮮に手を出さない。むしろこの機会に中国が北朝鮮に侵攻して金正恩を排除して核を排除凍結してもらうことを望んでいる。また中国にとっても世界に核廃絶の恩義を売りながら、自国の領土を拡大できる。これが地政学的に考えて一番素直な流れであろう。

 その次の目標は当然韓国であろう。自国の確固たる信念を持ち得ない韓国は簡単に北朝鮮と一緒に中国の「朝鮮省」に位置付けられる。

 次に中国が触手を伸ばすのは日本だろう。習近平は当然歴史で「元寇」の悔しさを学んだであろう。中国民族の無念を晴らそうとしてもおかしくない。あの時は鎌倉幕府北条時宗と鎌倉武士が必死で日本国を守った。振り返って今の日本の状況はいかがであろう。

 隣国のミサイルが日本の上空を通過しても、反撃もしない。

このような緊迫した状況になっても、自衛隊違憲だと嘯(うそぶ)く政党やジャーナリズムがはびこっている。彼らは日本国民の生命の危機を何と考えているのだろうか。

 改憲論で議論しているうちに、気がつけば日本は中国「日本省」になっているかもしれない。そのような姿は見たくない。