初夏の風

初夏の風

 一昨年から大岡信氏の「折々のうた」を書き写している。原稿用紙に鉛筆で書く。以前は朝日新聞の「天声人語」であったが、年とともに「詩歌」を書き写すほうが心穏やかな時間を過ごせる。

 大岡氏の「折々のうた」は朝日新聞に1979年から掲載が始まり2007年まで続いた詩歌のコラムである。2017年大岡信氏が86歳で亡くなられた時、テレビや新聞の追悼の文を読み「折々のうた」を知り一年かけて書き写し続けた。岩波新書で刊行されたものは19冊あるようだが、復刻された第一巻以外は絶版になっている。

 最近「折々のうたー春夏秋冬」(童話屋)を見つけた。これは谷川俊太郎氏らが「折々のうた」から抜粋し、春夏秋冬の4冊にまとめられた詩集である。各季節の歌から67〜68句を掲載し、手のひらに入る大きさのハードカバーの本である。装幀・画は安野光雅氏が施された美しい本である。

 「なつ」の最初の歌は「かぜとなりたや」(川上澄生)である。「かぜとなりたや はつなつのかぜとなりたや かのひとのまえにはだかり かのひとのうしろよりふく はつなつのはつなつの かぜとなりたや」。大岡信氏の解説が素晴らしいので引用する。「詩人画家川上澄生木版画『初夏の風』に彫られている詩の冒頭。ドレスのスカートを吹き上げられて恥じらっている乙女を中央に、緑のいたずらな風が踊る伸びやかな風景が描かれている」と解説しておられる。

 川上澄生木版画をグーグルで調べ、その版画を見て改めた大岡信氏の解説文の素晴らしさに驚いた。ちなみに棟方志功はこの一点を見て版画を志したという。

 初夏の早朝この詩を読んで「これは!」と感動した。一片の詩が私の心を掴み、生きる喜びをもらった。私の人生に詩の世界はなかったが、大岡信氏の素晴らしい選句と解説で未知なる世界に足を踏み入れることができた。感謝する。

 六月の風を読んだ歌に正岡子規の「六月を 綺麗な風の ふくことよ」もある。六月にはなぜか「かぜ」がよく似合う。新緑とかぜの組み合わせが良いのだろうか。

 傘寿を過ぎて、「終活や終活や」とか「アンティエイジング」と騒がずに、時の流れに身を任せ静かに過ごすのも、老後の楽しみ方である。

 曹洞宗道元禅師「正法眼蔵 生死の巻」に「生(せい)きたらば、ただこれ生(せい)、滅めつきたらばこれ滅(めつ)にむかひてつかふべし、厭ふとうことなかれ 願ふことなかれ」。好きな言葉である。