ボット

「ボット」ってなに。わたしも初めて聞く言葉であった。「ツイッター の機能を使って作られた、機械による自動発言システム。語源はロボットから来ている。特定の時間に自動ツイートするbot、ユーザーのbot 宛の発言にリプライするbot、特定のキーワードに反応するbot 等、様々なbot が存在する」(ネットで検索)

 わたしは書いた文章を「ブログ」に投稿し、写真を「インスタグラム」にアップしている。どちらも閲覧者の「いいね!」の評価が気になる。なかなか「いいね!」をもらえない。文章はとにかく写真は少し自信があるのだが、評価されない。

 前回引用した福田直子氏の「デジタル・ポピュリズム」の中にびっくりするような記載があった。「ツイッターの書き込みのうち、ざっと4分1は『ボット』が書いている。・・・4800万ものアカウントが『ボット』という研究もある」。

 ツイッターフェイスブックで、ボットで「いいね!」を大量につけ、あたかもたくさんの人がその記事に賛同しているように見せかけ、世論操作に使われている。そのボットはネットで売られている。300ドルで「フリーメールアカウントを100個作り、自動ツイートで政府系のウエブサイトやネットショップに10万人の足跡がつけられる」という。あるサイトには「いいね!」1000個あたり10ドルで売っている。

 バングラデシュの首都ダッカで偽「いいね!」を生産している「クリック農場」があるといわれる。この農場では狭く暗い部屋に押し込められた労働者が「いいね!」1000個を一日1ドル賃金で生産している。

 偽「いいね!」が売買されるのは、例えばある歌手のCDにたくさんの「いいね!」がつくと、売上が上がるから偽「いいね!」を買う。この偽「いいね!」は選挙や国民投票にも使われ世論をミスリードする可能性がある。

 二回にわたってドイツ在住のジャーナリスト福田直子氏の「デジタル・ポピュリズム」を読んだ驚きを書いたが、その底流に欧米社会でネットでの世論操作に対する危機感を感じた。特にヒットラーの独裁時代と世論操作によって作り出されるデジタル・ポピュリズムとが重なり合った欧米社会の警戒感が伝わってきた。

 民主主義は倫理がなければ成り立たない。倫理がなくなればポピュリズムになる。