高齢者の免許証

高齢者の免許返上

 最近高齢者の交通事故がテレビや新聞で報道されることが多い。しかも通学途上の児童を巻き込み、悲惨なことになっている例も多い。関連して高齢者の運転免許の返納を促す記事も多くなっている。

 なぜ高齢者が運転を続けるのか。高齢になれば足腰が弱り、車がなければ生活圏がぐっと狭まる。これが運転を続ける最大の理由であろう。特に過疎地帯ではその不便さ切実である。路線バスが次々となくなり、近くにサポートしてくれる身内のない老人にとって車は生活をしていく上での必需品である。

 私はアメリカで発達している「ウーバー」のような「ライドシェア」が高齢者の移動手段として最高だと思う。少し復習すると「一般のドライバーが車の必要な人を乗せる」仕組みである。日本でも最近「滴滴」「ジャパンタクシー」が「ウーバー」のノウハウを使って、その分野に進出しだしたが、これには基本的な間違いがあることに気がついた。

 日本の場合、営業で他人を乗せるには国土交通省の認可が必要である。個人がその資格を得るのには大変ハードルが高い。また、タクシー業界の既得権を侵すことになる。

 新しがり屋の私は「ジャパンタクシー」と「滴滴」のアプリをスマホに入れているが使えない。スマホの画面には近くにタクシーの印が出ているが、実際は利用できませんとのメッセージが届く。

 最近その理由がわかった。たまたま「滴滴」と提携している「第一交通」の車に乗った時、タクシードライバースマホで呼んでも捕まらないというと、ドライバー氏曰く「我々高齢ドライバーは操作がわからないから、応答しない」。これが本音であろう。今のタクシードライバーの平均年齢から考えて、現状で「ウーバー」のようなシステムは何かミスマッチがあるようだ。

 潜在利用者はたくさんいるが、肝心の運転提供者が一般人に解放されない限り日本には根付かないと思う。

 しかしそこに商機がある。先ずは過疎地でNPO

が高齢者支援のドライバーを組織し、地方自治体で認可をとる。その実績を積み重ね国土交通省に一般ドライバーがタクシー行為をできるようにはららきかける。さすれば、高齢者の免許証返還への後押しができるであろう。